抜け毛が気になる人の白髪染め » 白髪染めの選び方 » トリートメント成分白髪染め

トリートメント成分が含まれた白髪染めがおすすめ

ヘアマニキュアの特徴はトリートメント成分が含まれていること。つまり髪を染めながら毛髪を保護することができるわけです。白髪染めの場合、どうしても毛髪にツヤがなくなってしまう悩みがあります。そのため最近ではヘアカラーにもトリートメント成分が含まれたものが登場しています。

男性用の白髪染めでうまく白髪を染めたはいいものの、髪の毛がガサガサ、ゴワゴワになってしまった経験がある人も多いでしょう。ツヤもなくべったりした感じになってしまい、「これなら白髪のままの方がよかった」などと思うことも。使い方を誤れば頭皮を傷め、抜け毛の原因になってしまう可能性もあります。そんな問題を解消はする手段としてトリートメント成分が含まれた白髪染めがお勧めです。白髪染めは染まればよいわけではないのです。あくまで自然に、スタイリングを楽しめるような仕上がりになることを第一に考えましょう。

なお、現在白髪染めで使用されているトリートメント成分としては海藻エキス、椿油、加水分解シルクなどがあります。それぞれ特徴やメリットが異なるため、製品の紹介ページなどを詳しくチェックしておくとよいでしょう。

ただ、ひとつだけ注意点が。トリートメント成分が含まれた白髪染めは一般の白髪染めに比べて効果が弱い面があります。つまりトリートメント効果をとるか、白髪を染める効果をとるかの選択肢が問われるわけです。上述したように、効果が強い白髪染めはゴワつきやツヤの欠如といった問題が伴いますから、自身の白髪の状態や範囲を確認しつつ、トリートメント効果と白髪染め効果のバランスが取れたものを選ぶことになりそうです。