抜け毛が気になる人の白髪染め » 白髪染めの選び方 » 市販の白髪染めは髪が傷める

市販の白髪染めはなぜ髪が傷めるのか

市販の男性用の白髪染めは髪を傷めるとよく言われます。男性の場合は抜け毛の不安もあるため厄介な悩みとなります。現在ではその点を考慮してトリートメント効果を備えた製品も増えていますが、ダメージが少ない分白髪を染める効果が弱いという問題点を抱えています。どうして市販の白髪染めは髪を傷めてしまうのでしょうか。

この点は染める効果と密接に関わっています。市販のヘアカラーの場合、紙の表面のキューティクルを開き、その奥に染料を浸透させたうえでメラニン色素を反応させて染める仕組みとなっています。通常、市販のヘアカラーには1剤と2剤の2種類があり、それを混ぜ合わせて使用する作りとなっています。これはキューティクルを開く効果と染料の両方を備えるためのものです。

ただ、キューティクルを開くわけですから、その分髪を傷めてしまうリスクが伴います。また、染料の中には刺激の強いものが多いのです。誤って頭皮に付着してしまうと炎症やかぶれを起こす可能性があることからもわかるように、決して毛髪に優しいものではありません。さらに染料の強い効果から、毛髪の水分を奪い取ってしまい、乾燥したガサガサな状態にしてしまう場合もあります。

つまり、白髪を染める強い効果と、毛髪を傷める強い刺激がセットになっている面もあるのです。傷めないためにトリートメント成分を配合したり、毛髪の表面だけを染めるヘアマニキュアタイプにしたりするとその分白髪を染める効果も弱まってしまいます。この点が悩ましいところ。両者のバランスができるだけとれた製品を選ぶことが重要になってくるのです。基本的には髪を傷めるのは避けられない、そのうえでダメージが最小限のものを選ぶ。これが市販の白髪染めを購入する際のポイントとなるでしょう。