抜け毛が気になる人の白髪染め » 白髪染めの選び方 » 会社員は落ち着いたカラーを

会社員の方は落ち着いたカラーを選ぼう

会社員はよい意味で「無難な外見」を心がけることが大事です。とくに毛髪は重要。服装はスーツ姿で社会人らしさを簡単に演出することが出来ますが、毛髪はその人の個性があらわれてしまいがち。しっかりとスタイリングすることはもちろん、髪を染める場合には色にも注意しなければなりません。30代以降になるととくに白髪染めを使用する機会が増えるだけに重要なポイントです。

白髪染めを使用する場合、どうしても明るい色を選んでしまいがちです。一昔前の白髪染めによく見られたように、真っ黒なカラーではべったりとした印象になってしまうからです。これでは見るからに白髪染めを使ったのが周囲の人にわかってしまいますし、ツヤもなく見栄えもよくありません。最近では明るく染めることができる白髪染めも増えているため、できるだけ明るく、ナチュラルに仕上がるものを選ぶ傾向が見られます。

ただ、会社員である以上、あまり明るく派手な色は避けた方が無難です。落ち着いたカラー、大人の男性に相応しい印象を与えるカラーが求められます。とくに注意したいのは日当たりによる印象の違い。部屋で染めた時には落ち着いた色合いだと思っていた場合も外に出て日に当たるとかなり明るい印象になる場合もあります。この点にも注意しつつどんなシチュエーションでも落ち着いた印象を与えられるカラーを選びましょう。

具体的なカラーとしてはブラックからマットブラウンあたりでしょうか。ブラックは避けたいという人はマットブラウンがお勧めです。もっと明るくなるウォームブラウンやイエローブラウンは判断が微妙になってきます。職場の雰囲気や職種によっても選び方が変わってくるでしょう。

もちろん、頭皮に負担をかけず、抜け毛などのリスクをもたらさないことが大前提。この点でも明るいカラーのヘアカラーは頭皮への負担が多いため注意したいところです。