抜け毛が気になる人の白髪染め » 上手な白髪の染め方 » ムラなく白髪を染めるコツ

男性向けムラなく白髪を染めるコツ

男性が白髪を染める際の最大のポイントは「ムラなく染める」ことです。女性に比べて白髪の範囲が広範囲にわたることが多いからです。ムラなく染めないと染めていることが他の人にすぐにバレてしまいます。

また、うまく塗ろうと意識するあまり染色剤を頭皮に近づけてしまい、付着してしまったり、放置する時間を長くしすぎてしまったりすることもあります。これらの問題から頭皮と毛髪を傷めたり、抜け毛が増える恐れもあるのです。

ではムラなく白髪を染めるコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず白髪染めを塗布していく位置から。櫛を使うにしろ、素手で塗布できるタイプにしろ、どうしても生え際から塗ってしまいがちです。

しかしこれは要注意。白髪染めは温かいとその分効果が表れやすい特徴があります。そのため、皮膚に近く、体温と接しやすい生え際は早く染まりやすいのです。そのため順番を逆、毛先から塗るようにすると一本の毛をムラなく染めていくことが出来ます。

それから塗布した後に放置する時間。これは製品によって異なり、早いものでは10分程度、通常では20〜30分程度に設定されています。

注意したいのは思ったように染まらないからといって長時間放置すればよいわけではないこと。十分に染まらない上、毛髪が傷んだだけで終わってしまいます。

なお、髪質によっては染まるのに時間がかかる場合もあります。とくに硬い髪の人は製品が設定した時間よりも5分程度長く放置すると十分な効果が得られるといいます。

こうしたコツを踏まえておけばムラなく白髪を染めていくことができるでしょう。

最後にひとつ、ちょっとした注意点を。

多くの白髪染めは気温が25℃程度の環境での使用を前提にしています。ですから、望みどおりのカラーに仕上げたい場合には使用する環境を25℃前後に近づけるよう配慮することも大事です。