抜け毛が気になる人の白髪染め » 上手な白髪の染め方 » 生え際の白髪を染めるコツ

男性向け生え際をきれいに染めるコツ

白髪染めは継続的に使っていく必要があります。そうでないと生え際から白髪がどんどん生えてきてしまい、境界線がはっきりと見えるようになり、染めているのが丸わかりになってしまうからです。

ただ、生え際を染めるのは難しいもの。すでに染めてある部分と色合いをあわせるのはもちろん、誤って頭皮に染料を付着させないように注意しなければなりません。

では生え際をきれいに染めるコツとはどのようなものなのでしょうか。染め方に関しては慣れていくしかない面があります。

ポイントなのはなるべく「染めやすい」方法を選ぶこと。たとえばごわつかない、櫛が通りやすい白髪染めを使用すること。うまく櫛が通らないと頭皮に付着させてしまったり、何度も繰り返すことで色ムラが出てしまったりします。

また、男性用の白髪染めのタイプを選ぶことも大事です。生え際の場合、他の部分とまったく同じに染める必要は必ずしもありません。境界線が目立たず、白髪が生えてきていることを気づかれないようにすればよいわけです。

ですからヘアカラーではなく、ヘアマニキュアを使用するのもひとつの手です。効果はやや弱いですが白髪が目立ってしまうほどではありませんし、持続期間の短さも生え際のケアの頻度を考えれば大きなデメリットにはなりません。

それから頭皮へのダメージが少ないものが大事です。生え際を染める際にはどうしても誤って頭皮に付着させてしまうもの。

その際に抜け毛の原因となってしまうようなダメージをもたらさないものを選びましょう。トリートメント成分が含まれたものが理想的。余計な添加物が含まれていないかどうかも見ておきましょう。

こうした生え際を染めるのに相応しい環境を用意できるかどうかがきれいに染めるコツとなります。