抜け毛が気になる人の白髪染め » 白髪染めの種類 » 男女の白髪染めの違い

男女の白髪染めの違い

市販の白髪染めの中には男性用と女性用に分かれているものもあります。白髪を染めるのに男女差などあるのでしょうか。男性用と女性用の白髪染めではどういった点に違いがあるのでしょうか。

男性と女性の白髪に際立った違いがあるわけではありません。ですから製品の質そのものに大きな違いがあるわけではなく、使用するシチュエーションやニーズに合わせた違いがほとんどです。たとえが女性は髪の毛が長い人が多いため、より使い勝手のよさを重視したものが多くなります。また、トリートメント成分を配合しているなど染め上がりを重視したものが多いのも女性用の特徴です。一方男性用は染める効果の高さを優先したものが主流です。ただ、現在ではどちらも頭皮へのダメージや抜け毛の原因とならないよう刺激を弱く抑えたものが主流となっています。

それからカラーの種類。男性用のほとんどはブラックなのに対し、女性の場合はブラウンやより明るい色などさまざまなバリエーションが用意されています。この辺りは需要の違いでしょう。

あとは匂い。一昔前の白髪染めといえばツンとくる独特の匂いが特徴でした。現在ではさすがにそのような強い匂いの製品はなく、男性用は匂いが少ない、女性用は心地よい香りをもたらすといった工夫が凝らされているものが見られます。

このように、男女の白髪染めの違いは髪の毛の量や質、あるいは白髪染めに求める効果に合わせたものです。男性の中でも30代など若い世代では豊富なカラーバリエーションやトリートメント効果を求める人も多いでしょう。そんな人は女性向けを使用するのも選択肢の一つとなるはずです。